こんにちは! NPO法人らしーくです。

伊丹市民オンブード に縁があるメンバーが集まり、兵庫県伊丹市で2013年からNPO法人として活動しています。「だれもが自分らしく暮らせる社会」というミッションに基づき、講座・イベントの開催や、ご依頼に応じた出前セミナー(講師派遣)も行っていまので、お気軽にお声掛けください。==>連絡先はこちらです。

★私たちの思い★

伊丹市内外の子どもから高齢者まで、すべての人が自分らしく生きることができるよう、男女共同参画の視点に基づく各種の活動を行うことにより、自信と安心と笑顔に満ちた活き活きとした地域づくりに寄与することを目的としています。

◆講師派遣 2019年4月~
公民館の「0歳児ママ(時々パパ)のワイワイトーク」
4月にスタート。
 今年も、らしーくがコーディネーターを担当します。
お知り合いの、ママ、パパにお声掛けください。

チラシはこちらをクリックしてご覧ください
0歳児ママワイワイトーク.jpg
JPEGファイル 129.5 KB

◆講座・イベント2019年3月9日

3月9日の第36回「らしーくカフェ」は、新しい方も含め、10名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「服装と男女共同参画」。
新しい方にもご参加いただきました。
「生物学的に見れば、男性の身体の方がスカートに向いている」「制服を着てからチカンにあうようになった話も聞く。学校の制服も、全部選択性になって欲しい」「服装がプレッシャーを与えている部分があるが、個性の表現になれば理想」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、...
答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は4月13日(土)で、話題は「男性の地域参加について」。
伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆情報発信 

「いたみん」の「男と女のおかしな!?ハナシ」 3月のテーマは
『高校入試に男女別定員って必要?』
 願書にも性別記載欄を無くす流れが始まっています。

 

本文はこちらをご覧ください⇒https://itami-city.jp/mp/okashina_hanashi_hyogo/?sid=66715

◆組織支援 2019年3月3日

伊丹市立女性・児童センターで「第12回 国際女性デーin伊丹 いたみミモザの日」が行われ、らしーくメンバーが総合司会を担当しました。
 基調講演は、関西女性初の水先人として活躍されている、川島慧子さんでした。

◆講師派遣 2019年2月13日

本日の「まちプラ市民活動交流会」では
 らしーくの「発信力」について理事の片山が報告、
 後半では質問に答えました。
 約30名の参加者が交流を深めた素敵な会でした!

◆講師派遣 2019年2月13日

「まちプラ市民活動交流会」

2月13日(水)14:00〜スワンホール

伊丹市立市民まちづくりプラザ主催の講座。

伊丹市内に拠点を持って市民活動を行う3団体が、「実行力」「発信力」「コラボ力」について語ります。

質問や意見交換などの交流タイムもあり。
 3人のパネリストのうちの1人として、らしーく理事が登壇します。

 

○お問合わせ・お申し込み○
伊丹市立 市民まちづくりプラザ
TEL:072-780-1234
E-mail:icm-puraza@hcc6.bai.ne.jp 

交流会の詳細はこのチラシをご覧ください
190213_市民活動交流会チラシ.pdf
PDFファイル 645.8 KB

◆講座・イベント2019年2月9日

2月9日の第35回「らしーくカフェ」は、11名の方にご参加いただきました。
 今回の話題は「政治と男女共同参画」。
 議員インターンシップの大学生4人も参加されました。
 最初に、女性の政治の日本の順位(157位💦)などの基礎知識を桜井議員にお話してもらい、フリートークに。
 「学生は男女に不平等感がない」「リーダーは男性、女性はサブ、というイメージがある」「政治も男女共同参画も、実は生活に密着している大事な問題」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、
 答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
 次回は3月9日(土)で、話題は「服装と男女共同参画」。
 伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆講座・イベント2019年2月3日

【昭和の歌でカラダもココロもいきいき元気に
  ~歌詞から感じる男心・女心~】

「歌は世につれ世は歌につれ」「歌は時代を映す鏡」と言われます。あの頃、何気なく口ずさんでいた懐かしの昭和のあの歌この歌。...
今回は、昭和に流行った歌の「歌詞」を、じっくり読み解きながら、皆さんと一緒に、聴いたり、歌ったり、体を動かしたりします。さて、あの時代の「歌詞」から、今のあなたは何を感じるでしょう?

日時:2019年2月3日(日) 13:30~15:00
場所:伊丹市立女性・児童センター 講習室
講師:歌&体操指導 Yukko 
 2人組ユニット「ビタミンタイム」
 大人の美と健康のためのビューティストレッチ「coolsteps!」主宰、 子どもリトミック教室「リズムランド」主宰、 ゴスペルグループ「SoulPowers」所属、 秋元康作詞「お好み焼きファンキーソウル」でCDデビュー
申込・お問合せ:伊丹市立女性・児童センター 伊丹市御願塚6-1-1 
  ℡072-772-1078(休館日:火曜日・祝日)
  メールからのメールからのお申込み salon@itami-danjo.jp
保育:1歳6ヶ月~就学前 定員6名※要予約(1週間前まで)350円/1人

講座の詳細はこのチラシをご覧ください。
昭和の歌チラシ.jpg
JPEGファイル 125.3 KB

◆講座・イベント2019年1月12日

第34回「らしーくカフェ」は、11名の方にご参加いただきました。
今回の話題は 「祭りと男女共同参画」。

 「神輿を、本家の長男しか担げない地域がある」「お祭りになると、男は座って酒を飲み女は給仕」という話から、「西宮神社の福男選びには女性も参加できるので『福人』と呼べば良いのに」「子ども相撲も、性別で挑戦できるチャンスを奪わないで欲しい」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、
答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。...
次回は2月9日(土)で、話題は「政治と男女共同参画」。
伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆情報発信 「いたみん」の「男と女のおかしな!?ハナシ」 1月のテーマは

『避難所に「男女共同参画の視点」?』
 女性の身を守る対策は、つまり命を守るための対策
なのです。

 

本文はこちらをご覧ください⇒クリック
 
http://itami-city.jp/mp/okashina_hanashi_hyogo/?sid=66158

◆研究・調査 2018年12月

理系進路に対する意識調査2018

~中学2年生にみられる男女の意識差~

2017年に引き続き、2018年も伊丹市立荒牧中学校2年生男女約200名に対して行った調査を行いました。

 

 

【1】理系進路の魅力を伝える授業を行う前の理系進路に対する意識調査結果⇒「理系の進路を選択しようと思う」、「科学技術を必要とする職業につきたい」とも、女子は男子より20%以上低い。中2ににして、早くもかなりの男女の意識差があります。

【2】授業による生徒の意識変化調査⇒理系進路選択希望が22%増え(38.1%→59.8%)、理系職業選択希望が15%増えた(23.3%→38.6%)。授業の効果を確認することができました。

 

要点はこちらをクリックしてご覧ください。
【要点】理系進路に対する意識調査2018.pdf
PDFファイル 278.3 KB

◆講座・イベント2018年12月14日

伊丹市立荒牧中学校の体育館で、 2年生全員(約200名)に向けて6限目の授業で、 「大阪大学が荒中にやってくる!」 理系の進路は楽しい!?その魅力を知る を実施しました。

昨年に引き続き2度目です。

キャリア教育の一つとして、子どもたちが進路選択の幅を広げることを目的に、大学の先生、社会人、大学生が理系進路の魅力について語り、質疑応答を行いました。

先生方、荒中の皆様、大変お世話になりました。
授業の効果を確認するため、現在アンケート結果を分析中です。⇒分析結果は「研究・調査」の画面に掲載しましたのでご覧ください。

らしーくのフェイスブック

 

 https://www.facebook.com/nporasiku

★私たちの思い★

伊丹市内外の子どもから高齢者まで、すべての人が自分らしく生きることができるよう、男女共同参画の視点に基づく各種の活動を行うことにより、自信と安心と笑顔に満ちた活き活きとした地域づくりに寄与することを目的としています。